しあわせかどうかはあなたしだい

元イラストレーター。ADHDのケあり。ブラック企業渡り鳥。手取り20万で週休1日の社畜に生きる意味はあるか?

スポンサーリンク
 

広瀬すずとセブンイレブンと回転寿司と駅前再開発と背中に刺さった虫

このエントリーをはてなブックマークに追加

おれはイラストレーターなんだけど、やっぱりそれだけではなかなか食って行けなくて、大学生の時ですらやらなかったコンビニのバイトを40過ぎてから始めた。
それも家からいちばん近くて、自分でウェブショップも運営してたもんだから、売れた商品をヤマト便やらメール便なんかでよく利用していたセブンで、店長と仲良くしてたっていうのもあって無理やり頼み込んでバイトさせてもらってた。
しばらくしてウェブショップの売上がそこそこ安定してきたので、セブンのバイトの方はなんとなく行かなくなっていたんだけど、オーナーが新しい店オープンするっていうんで、ヘルプで入ってもらえないかと頼まれてしまったんで、こっちも困ってる時に助けてもらったしもうコンビニのレジ打ちとか絶対やりたくなかったけど断るわけにもいかず承諾した。
夜10時から入ってくれってことだったんで15分くらい前には店に入ったんだけど、行ってみるとおれのシフトは22時から24時までで、なんだよそんなちょっと入って意味あんのかよ、と思いながらも、まあすぐ終わるしいいか、と思ってレジ打ちしてた。
24時まわったんで、お疲れ様でした、お先です、とか言って帰ろうとしたんだが、そこにオーナーが現れて、なんだよ、2時間とかで帰んないでくれよ、とか文句言われて、しかも文句言ってたら盛り上がっちゃったのか、なんか1時間くらいわけのわかんない説教されて、最後は、でもまあこっちがそういうシフト組んだんだから帰っていいよ、とか言われて、でもなんか2時間で帰るのも悪いなあとか思っちゃって、セブンでちょっとした夜食的なもの買って帰ることにして、こういう変な気遣いみたいなのするからおれはダメなんだよ、とか自己嫌悪に陥って、マジで今日来なけりゃよかった、2時間とはいえ働いたのに稼ぎ以上の買い物してしかも自己嫌悪とか損してる以外の何物でもない状態でものすごいイヤな気分でセブンを出た。
そのセブンは変わってて、店出るとフードコートみたいなイートインのスペースがあって、買い物した四川風麻婆豆腐丼をそこで食って帰ろうと思って適当にテーブルにつくと隣の男が話しかけてきた。
おれは腹が立っていたのもあってその見ず知らずの男に今の事の顛末をマシンガントークで話して聞かせた。
なんかそいつも、それはあなたが悪いみたいなこと言ってきて、そもそもあなたはまともな仕事に就いたことがあるのか、仕事というものがまるでわかってない、他にどんな仕事したのか、とか聞いてくるから、おれはセブンの前にやってた駅前の回転寿司でバイトとしてたことを話した。
もっと普通にまともな上場企業でサラリーマンしてたのになんで回転寿司のバイトのこと話したのか自分でも全く理由はわからないが、とにかく回転寿司のことを話した。
そしたら男が、じゃあ今からその回転寿司に行こうって言い出して、その回転寿司はもうとっくに潰れてたから、いや今はもうないんだ、って言ったんだけど、とにかく行こうって全く譲らないんで仕方がないので向かうことにした。
駅前は再開発事業で以前は縄文時代から営業してるような古くて小さい店がひしめき合っていたんだけど、そういった店はきれいさっぱり全て潰されて絶賛工事中だった。
回転寿司は再開発事業とは全く関係なく潰れたんだけど、おれはその回転寿司をとても気に入っていた。
握るのは全て職人だったし、シメサバもちゃんと昆布に挟んで仕込んでたし、本部のセントラルキッチンからすでにさばいて一貫分に切ってあるネタが送られてくることもなかったし、サイドメニューのブリ大根もブリを厨房でさばいたアラで作ってて、味もよかった。
でも一皿120円からという、完全に時代と逆行してるのにもかかわらず高級路線は全く打ち出してなかったんで、流行りに乗り遅れてしまったために潰れた。
で、男に押し切られてかつての回転寿司まで行ったにもかかわらず、着いてみると男はいなくて、その代わりというわけでもないけど駅前はものすごい人だかりだった。
なんだろうと思ってたら向こうから歓声が聞こえて、広瀬すずがやってきた。
おれは広瀬すずと知り合いなので、近寄って、よう、と話しかけると、すずは、わあ!むーさんなんでここにいるの?とかって言ってきたんで、いやおれんちこのへんだし、とかどうでもいいこと話して、まあなんかのイベントかキャンペーンで完全に仕事で来てるっぽかったんで、おれはその場を離れて駅のコンコースを歩いていたらおれの7歳長男くらいの子が、急におれの背中を触って、これついてましたよ、
って背中にささってた白い虫の幼虫を抜いてくれた。
虫はおれの背中に突っ込んでいたアタマの部分が完全に潰れてなくなっていたんだけど、まだ生きていて、カラダをすごい勢いでウネウネと動かしていた。
少年は虫を地面に落としたが、虫は地面に落ちてもうごうごしていて、あ、これかなり珍しいからYouTube にあげようと思って、それをiPhoneで動画に撮っていたら虫が突然成虫に変態してしかも映像はカメラ位置とかすばらしいものになったんで、動画投稿サイトにアップしようとしたんだけど、海外のサイトで全部英語であまりうまく理解できなかった。おれは以前にもそのサイトに動画を何本か投稿したことがあったらしく、過去の動画のリストに何本か表示されてた。
でもおれはリストにある動画にひとつも覚えがなくて、なんだこりゃ、おれこんなのアップしたっけ?と思ったところで5歳次男がおれのカラダの上におとうさんおはよー!ってのってきて目が覚めたという2018年のおれの初夢。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広瀬すずともっと濃厚に絡みたかった…。