しあわせかどうかはあなたしだい

楽しく生きる。楽しく生きよう。

なりたいお父さんランキング 2位は「トトロ」さつきとメイのお父さん 1位は?

小学生の子供を持つ父親が「こういうお父さんになりたい」と思っている父親像は?

 

ブログメディアを発信するむーさんの調査によると、1位は「ふしぎな島のフローネ」のお父さん「エルンスト・ロビンソン(45)」、2位は「となりのトトロ」のさつきとメイのお父さん「草壁タツオ(32)」であることがわかった。

 

調査は2018年9月にインターネット上で実施されず、小学生の子供を持つ45歳の男性1人から有効回答を得た。

 

むーさんは「父親が職場のプレッシャーやストレスなどで家に帰ってから些細なことで子供を叱ってしまうため、『怒らない父親』『器が大きい父親』がランキング上位にきている」と調査結果を分析している。

 

過去の調査では「木村拓哉(45)」や「福山雅治」など「理想の父親像」からかけ離れた人物、むしろ父親像ではなく、「理想の容姿」がランキング上位だったため、今年になって急速に「器の大きい父親像」が求められている傾向が浮き彫りになった。

 

「やっとアンケートの趣旨を理解してもらえるようになった」とむーさんは答えている。

 

 

 

 

無人島で頼りになるなんでも知っているフローネ父「エルンスト」

「ふしぎな島のフローネ」のお父さん「エルンスト・ロビンソン(45)」がランキングトップを獲得したことを意外に思う人も多いだろう。

そもそも「だれ?そいつ??」という人が大半なのではないだろうか。

 

 

「エルンスト・ロビンソン」とは?

f:id:toritamegoro:20180907105044p:plain

「エルンスト・ロビンソン(45・当時)」

出典:http://hagi0002.blog31.fc2.com/blog-entry-1045.html

 

エルンスト・ロビンソンはスイスのベルンで開業医を営む医師。

妻アンナ(37)、長男フランツ(18)、長女フローネ(11)、次男ジャック(4)の5人家族。(年齢はいずれも筆者の記憶による)

ベルンで代々医者の家系に生まれ、自身も開業医として不自由のない生活を送っていたが、オーストラリアに住む友人より「医師が足りないから来てくれないか」と打診を受け、一家でオーストラリアへの移住を決意。

ベルンを発ち、イギリス・リヴァプールから大型の帆船に乗り換え、アフリカのダーバンを経由して間もなく新天地オーストラリア到着、というところで船が嵐にあい座礁。一家は無事全員生き残ったものの近くの無人島での生活を余儀なくされる。

 

ここでエルンストはものすごい活躍を見せる。

 

木の上に家を建てたり、ろうそくを作ったり、さとうきびから砂糖も作るし、塩田作って塩も作るし、丸太を彫ってカヌーも作るし、と医師とは思えない博識と技術力を披露するのである。一回見てみ。すごいから。

 

 

とにかくなんでも知ってるし、ないものは作る。

もちろんそこもものすごくすごい父親ポイントなのだが、

なんせこの人全く怒らないのである。

 

フローネはいたずらばかりでほぼほぼ全く言うことを聞かない。

そのために蛇に襲われそうになったり、沖に流されそうになったりと、マジで命の危険にさらされることもしばしば。

ちゃんとお父さんお母さんの言いつけを守ってさえいれば命の危険に会うことはないのだが、結果かなりあぶない状況に遭遇して九死に一生を得ても、このお父さん・エルンスト45歳は怒らないのである。あくまで冷静。すごい。そして私と同い年。

 

私なら「おまえ、死ぬとこだったじゃねえか!死にてえのか!言うこと聞けや!」

とヤカラ化してしまうこと間違いなしなのだが、なんせ怒らない。何度も言うが怒らない。

 

なんなら笑っているのである。

 

「はっはっは。こういう時だからこそ、われわれはフローネを見習わなくちゃいけないな」

 

とか言って。

 

つまり、厳しい時だからこそ楽しく生きる心を持った方がいいなあ、ということ。

 

すごい。

 

 

 

 そして第2位はさつきとメイのお父さん、草壁タツオ。

 お母さんが入院して自分も勤めてるのにワンオペで育児する「草壁タツオ」

é¢é£ç»å

草壁・・・じゃなかった、堀越二郎だこれ

出典:https://ameblo.jp/dio168/entry-11603209360.html

 

f:id:toritamegoro:20180907113957p:plain

こっちでした。草壁タツオ(32・当時)

出典:#草壁タツオ Instagram tag - instahu.com

 

こちらはご存じ、ジブリ映画「となりのトトロ」に出てくる、さつきとメイのお父さんです。

詳細はいいでしょう。知らない方がわるい。

 

この人もとにかく怒らない。

 

引っ越してきて柱揺らして壊そうもんなら私ならこう言う。

「こら!借りてるんだから壊すな!」

 

真っ黒な足で廊下歩こうもんなら私ならこう言う。

「おい!おまえら自分で拭いとけよ!」

 

蚊帳を張るときに上に載ろうもんなら私ならこう言う。

「じゃあおまえら自分で張れよ」

 

あるいはこう言う。

「蚊に刺されてかゆいのはおまえらだからな。おとうさんはかゆくないんだからな」

 

 

まあなんて最低な父親。いなくなってしまえばいいのに。

 

草壁は違います。タツオは違う。

 

いつも笑顔です。

 

「はははは」とかいってます。のんびり屋さん。

 

 

「ああいうお父さんがいい」と嫁に言ってみたところ

いいなあ、こんなお父さんになりたい。

と思い嫁に言ってみたところ

 

「できるもんならそうしてください」

 

と言われました。

 

まあその通りです。

 

 

 

 

おしまい

 

スポンサーリンク