ラグビーの人気がない理由5選

 ラグビーって人気ないですよね。

 

似たようなスポーツで「アメリカンフットボール」というのがありますが、こちらは人気ありますね。っていうか女の子にモテますね。

 

同じくらい歴史が長いスポーツに「サッカー」ってのがありますが、こちらは世界中でものすごい人気がありますね。トッププレイヤーはお金もアホほどもらえますね。

 

いったい「サッカー」や「アメフト」と何が違うんでしょうか、ラグビーは。

2019年は「ラグビーワールドカップ」がはじめて日本で開催されます。

アジア初開催です。すごいですね。

それなのにラグビーのこの不人気っぷりといったらどうでしょう。

 

ラグビーはなぜこんなに人気がないのかについて考えてみました。

 

 

ラグビーがとっつきにくいポイント5つ

  • 人数が多すぎてようわからん
  • ルールがようわからん
  • 点数がバラバラでようわからん
  • 人が集まってごちゃごちゃして何してるのかようわからん
  • 痛そう
  • 怖い
  • くさそう
  • 汚い
  • 汗臭そう

5個じゃないですね。最後の方はなんだかただの悪口です。

 

ひとつずつ見ていきます。

 

まず「人数が多すぎる」。

ラグビーは1チーム15人です。敵味方で30人がくんずほぐれつするわけです。

多いです。

野球なら1チーム9人、サッカーなら1チーム11人です。

アメフトも11人です。

ラグビーは1チームの人数が最も多いスポーツです。

 

だからなんだ。

 

別に多くたっていいじゃん。次。

 

ルールがようわからん

 

ラグビーのルールをだいたい把握しようとすると確かに大変です。

ようわからん、とおっしゃるのもごもっともです。

私もラグビーしてましたがちょいちょいルールが変わるので細かいところはよくわかりません。

ラグビーのルールはたったひとつだけ覚えておけば観るだけなら大丈夫です。

そのルールとはこちらです。

 

「前にボールを投げてはいけない」

 

ラグビーの全てのルールはここから生まれるので、これだけわかっていればいいです。

つまり、「前にボールを投げたら反則」です。

 

わかりやすい反則は「スローフォワード」と「ノックオン」です。

「スローフォワード」は読んで字のごとく「前にボールを投げる反則」です。

「ノックオン」「前にボールを落としてしまう反則」です。

前からボールが飛んできて、体にぶつかって前に落ちてしまったら「前に投げたのと同じこと扱い」になるのです。

例えばサッカーのように胸でトラップしてグラウンドにボールを落としたら「ノックオン」ですが、トラップしてボールが落ちる前に自分の手でキャッチすればセーフです。

ドッヂボールみたいなもんです。

これは身体にボールをぶつけて、例えばそのままボールが10m前に落ちたら10m前に投げたのと同じ、ということです。前に投げるのと同じだから反則。

 

めんどうなのは「オフサイド」です。

サッカーでも「オフサイド」というルールは初心者には最もわかりづらいルールのひとつです。

ラグビーは前にボールを投げてはいけないので、基本的にボールより前に誰かいることはないはずです。

だってそいつにボール投げたら反則なんですから。

だからボールより相手側にいるプレイヤーは「オフサイドポジション」です。

そしてオフサイドポジションのプレイヤーがボールに触れた時点で「オフサイド」が発動します。

 

このルールを踏まえてラグビーを見ると

必ずプレイヤー全員がボールより後ろの位置にいることがわかります。

 

ボールを先頭にして前に進む(敵陣に侵略していく)ゲームがラグビーなのです。

 

これ結構大事です。

これを知ってるのと知らないのではラグビーのおもしろさが全然違います。

サッカーや野球のように、ボールの行方を単純に追うのではなく、自分の陣地をどれだけ更新していくか、がラグビーというゲームの本質なのです。

 

つまりボールを先頭にして自軍の陣地が形成されるわけです。

わかりやすく言うと敵味方の間にはボールを座標とした「見えない壁」があるのです。

 

この「見えない壁」を敵陣に押し込んでいくのがラグビーです。

 

図にするとこんな感じ。

f:id:toritamegoro:20181224140429j:plain

ボールを先頭に陣地の取り合いをするゲーム

だからひとりがボールを持って抜け出した瞬間に「壁を突き破って目の前が開けた」感が強く、見ていてもやっていても気持ちがいいのです。 

 

点数がばらばらでようわからん

トライは5点、その後のゴールは2点、ペナルティゴールは3点です。

なんでばらばらなんでしょう?

まあいろいろありますが、とりあえずトライはなんで5点なのか?はこちらの記事を読んでみてください。

 

gyakutenn.hatenablog.com

 

 人が集まってごちゃごちゃして何してるのかようわからん

まあいろいろしてるんですよ。

みてるとつまんないかもしれないけども。

あれはものすごい大変な作業なんだよ。

わかってくれとは言わないが(そんなにおれが悪いのか)。

ららばいららばいおやすみよ、ってなもんですよ。

フォワードからすれば。

 

痛そう

そうでもないです

それよりちょっとあたっただけで転げまわって痛がってアピールする方がかっこ悪い


怖い

そうでもないです

相手を殴って倒すわけじゃないです

あくまでボールをゴールラインに運ぶために必要なコンタクトプレーをしているだけで、倒れるまで殴るとかそっちのがよっぽど怖いです。


くさそう

うるさい

アメフトのがくさい

 

汚い

うるさいだまれ


汗臭そう

うるさい

 

 

 

 

 

スポンサーリンク