めんおうさんというはてなブログの同期

f:id:toritamegoro:20181026233500p:image

私は毎日グーグルアプリを何度も見る。

 

ブログを書き始めてからの習慣。

毎日何か新しい情報を得なきゃ。

毎日ブログのネタを探さなきゃ。

と、思いながら見ている。

 

さっきそのグーグルアプリを見てると

めんおうさんのブログが載っていた。

f:id:toritamegoro:20181026233500p:image

「ブログを始めたきっかけと続ける理由」

読んでみた。

 

www.zinseitanosiku.com

 

大しておもしろくなかった。

 

めんおうさんは2017年11月にブログを始めている。

私ははてなブログでこのブログ(しあわせかどうかはあなたしだい)を始めたのが2017年9月。

 

ブログに同期という概念があるのならめんおうさんとは同期である。

 

ところがどっこい、めんおうさんは読者数1600人超であるのに対し、私むーは300人ちょっと。

f:id:toritamegoro:20181026234118p:image

かたやグーグルのおすすめ記事にも掲載されてるのに、このしあわせブログときたら最近いちばん検索から流入されてた記事が、検索1位から圏外に突如飛ばされ、アクセスは半減。利益も半減。

 

もう差は歴然である。

 

世の中が結果というもので全て評価されるものならば、私がめんおうさんのブログをおもしろくないといったところでそれは完全なる負け惜しみでしかないし、誰にも共感されないだろう。

 

そんなことはわかりきっていて、だからと言っておもしろくないものをおもしろくない!と自分のブログでさえも訴えられないのもなんか違うし、とにかくなぜおれの記事は取り上げてくれねえんだグーグルさんよ、くそが、というまあなんというか負け犬の遠吠えなんだけどね。

別にいいじゃんよ。おれのブログなんだからよ。好きに書かせてくれよ。検索順位とか役に立つとか読者のことを思ってとか、そんなんしたくねえんだよ。

 

だいたいさあ

おれは絵描きだったんだけど、基本的に絵描きっって表現するのが仕事なんだよ。

表現するってことはどうしても自分というフィルターを通すわけ。

するとそこには必ず表現する人間のエゴというか、カタチがどうしてもついてしまう。

それで

その表現者のカタチが受け入れられるかどうか、簡単に言うと、多数決取れるかどうかってとこになってきてしまう。

もちろん世界で活躍するような表現者はむしろ多数決を通り越してマイナーに突き抜ける的な、99人に嫌われて1人も別に好きでも嫌いでもない、みたいな表現者が世界的アーティストになるわけなんだけど、まあやっぱりそういうひとは稀な存在で、ふつうに何かを表現してる人たちはやっぱり多数決なんです。

私は今更自分を表現者だとかアーティストだとかっていうつもりはないんだけど、でもね、人生でいちばん長い時間やっていた仕事が、その「どうやって表現するか」ってことをずっと考えている時間だったんです。

 

何が言いたいのかというと、

やっぱり私はマスを突き抜けたマイナーを目指していたココロのありようというか、自分の姿勢が全然抜けていなくて、だから独りよがりな記事になりがちだし、そうするとグーグルには評価されないし、だからグーグルアプリのおすすめにも掲載されないし、アクセスも半減するんだよね。

 

話を戻して

このめんおうさんの記事によると、めんおうさんは副業とかブログでの収入とかは二の次で、人とつながることが楽しいらしい。

まあなんと素晴らしいことでしょう。

 

私は人とつながるのが二の次というかむしろ全然楽しくなくて、とにかく人とつながるのが苦手で、できれば一歩も外に出ず、他人とは一言も話さないで生活したいので、まったくもって驚いた。

おらおどれえた。(悟空)

だから過去には絵描きという職業を選んだし、犬の散歩以外一歩も外に出ない日なんてざらにあった。

てかそれが日常だった。

それがなんとも心地良かった。しっくりきてた。

 

めんおうさんは記事書いてコメントもらって返事して、っていうのが楽しい的なことを書いていたけど、私はコメントをいただくのも読むのも大好きだが、返事するのが大の苦手。

 

私のブログにコメントを寄せてくださった数少ない方なら今ここでブンブンと縦に大きく首を振っていることでしょう。

ごめんなさい。

コメント返すのが苦手なのです。

 

そういえば今もTOEIC800点にライン返してないや。2日放置。ごめん。

 

では私は何のためにブログを書くのかといえば、第一に収入のため、第二にボヤくため。

 

正直私は読んでくれている方のことなんかこれっぽっちも考えていません。

吐き出しているだけ。

言ってみれば自慰行為です。

 

絵描きの時に

私がよく言っていた言葉があります。

 

「自慰は見られたらいちばん恥ずかしい」

 

言葉の意味を説明しよう。

 

私は大して絵が上手いわけではなかった。

でも13年ほど絵で食っていた。

 

どうやったかといえば

職人でいたから。職人であろうとしたから。

 

つまり

絵を描く技術を持った人

というスタンスですね。

 

絵って不思議なんですよ。

 

例えば音楽で食べていこうと思ったら

絶対に楽器を演奏する技術がいる。

 

でもね

絵って「ヘタウマ」なんて言葉があるくらい、技術がなくてもセンスがすごければいい。

 

わかりやすく言うとジミー大西だよ。

 

下手でもいいんだよ。あいつ下手だよ。

 

ポロックとか抽象で

絵の具キャンバスに塗りたくったみたいのでもいいんだよ。

 

でも

音楽で食ってこうと思ったら

まず楽器できないと話にならないわけですよ。

 

だって聞いてもらえないんだもん。

 

絵は見てもらえるもん。見えるもん。

 

だから絵描きになろうとか言うやつは

アーティスト志向が多い。

要は楽だから。

 

そんで技術もロクに磨こうともせず、

センスがあるわけでもないのに

「どうだ!おれはこうなんだ!」

と絵で表現するわけです。

 

これが醜い。

 

これを称して私は「オナニー」と呼んでいたわけです。

オナニーって見られたらいちばん恥ずかしいヤツで

しかも

汚いヤツのオナニーなんて誰も見たくない。

 

でもまあ

今私のブログはオナニーになってるわけで

そこがめんおうさんの1600人超と300人の差なんだろうな。

 

 

 

まあおっさんのオナニー見たいって人も少なからずいたりするわけで、ほんと21世紀っていろんな趣向の人がいるよね。

 

いつもおっさんの自慰に付き合ってくれてありがとうございます。

 

なんかすいません。

 

 

めんおうさんのブログ読むんならワイ談さんのブログのがよっぽどおもしろいよ。

 

wp-dandy.hatenablog.com

笑えるし泣けるし。読者数100人いないけど。

なぜワイ談さんのブログがそんなに読まれないのかわたしにはさっぱりわかりません。

みんな間違ってるよ。

 

イケハヤもフミコもつまんねえよ。

 

みんなワイ談さんのブログもっと読めよ。

 

あとおれのブログ。

 

 

 

おしまい

スポンサーリンク