しあわせかどうかはあなたしだい

楽しく生きる。楽しく生きよう。

ゴディバ「義理チョコをやめよう」ブラックサンダー「よそはよそ、うちはうち」チロルチョコ「初めて人を殴ろうかと思った」

ゴディバが2月1日付の日本経済新聞に出した広告が話題になってます。

 

「日本は、義理チョコをやめよう」という広告です。

チョコメーカーにとっては稼ぎ時のバレンタインデーを前になぜ?という意外性・話題性を狙った広告です。

話題になってしまう、ということは完全にゴディバ、あるいはゴディバの広告を企画した広告代理店の思うツボです。

みんなゴディバと広告代理店に「してやられた」というわけです。

ツイッターでも盛り上がってるようです。

 

「意外性を狙う」ということは広告の手法のひとつですが、

わかりやすくいうと、ネットでいうところの「釣り」であり、もっと言えば「炎上商法」であると言えます。

 

つまり私たちはまんまと釣られてしまったわけです。

 

では、話題のゴディバの広告はどんな内容なのか。

私は新聞をとっていません。日経なんてなおさらです。

あまり全文掲載しているところがないようなので

書き起こしてみました。

 

ゴディバ 広告全文(引用:2018年2月1日 日本経済新聞)

 

 

 

日本は、

義理チョコをやめよう。

 

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。

なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。

気を使う、お金も使う、でも自分からはやめづらい、それが毎年もどかしい、というのです。

 

それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。

もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。

いや、この時代、ないほうがいい、そう思うに至ったのです。

そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。

社内の人間関係を調整する日ではない。だから男性のみなさんから、

とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、

言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。

 

気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから、

そして、バレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。

愛してる。好きです。本当にありがとう。そんな儀礼ではない、

ここらからの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

 

ゴディバジャパン株式会社

代表取締役社長

ジェローム・シュシャン

 

バレンタインデーを、好きになってください。

GODIVA

広告には社長の署名も

引用:ねとらぼ

 

 個人的には筋金入りの貧乏根性なので

 

「もらえるもんはもらっとく」

 

という感じでくれるんなら遠慮なくもらいたいです。

義理も本命もチョコはチョコです。

 

 

 

そういえば「ガーナチョコレートドリンク」はうまいです。 

gyakutenn.hatenablog.com

 

 

 

 

かたや義理チョコの本命「ブラックサンダー」は

 

 

そして近年ものすごい勢いで義理チョコ戦線に食い込んできた「ブラックサンダー」。

ツイッターでゴディバに反応するあたり上手です。

 

 「一目で義理とわかるチョコ」

 

のコピーも決まりまくってます。 

 

そして永遠の義理チョコNo.1「チロルチョコ」は

ただ、やはり義理チョコメーカー老舗である「チロルチョコ」がどうしても気になります。

チロルチョコ公式でもなく、しかも2016年のツイートですが、今回の話題にぴったりのこんなのを発見。

 

 

ゴディバの箱にチロルチョコ入れられてる、というやつです。

 

しかも入れ方もすっかすかだし。

せめてびっちり並べてやれよ、と悲しくなったのは私だけなのでしょうか。

 

 

いずれにしてもバレンタインデー自体がそもそもチョコメーカーの策略なんだから、ゴディバがなんと言おうと全部チョコを売るための戦略です。

 

現場からは以上です。

 

おしまい

 


ゴディバ (GODIVA) ゴールド コレクション (5粒入)

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

チロルチョコ<コーヒーヌガー> 1個×30個

スポンサーリンク